2015年02月22日

不倫や浮気は罪

「不倫は罪?」この問題は大昔から言われていますが、正直その人の価値観次第と言えるでしょう。「不倫は文化だ」という言葉は当時非難を浴びましたが、名言であることには違いありません。

不倫は罪かどうかという考え方には3つの意味があると思います。1つめは、不倫をした本人に罪がある、という意味。2つめは、不倫相手に罪がある、という意味。3つめは、不倫された人に罪がある、という意味。多くの人は最初の意味を考えるでしょう。浮気をされた人は2つめの意味も頭には浮かぶかもしれません。ただ、3つめもなきにしもあらずのはず。

不倫されることが恥ずかしいことだという意識が人間にはまだまだ足りない。これを持つことができれば不倫することもされることも減るはずなのに、それに気付く人が実に少ないのは悲しいことです。
浮気するような人を選んでいるのは自分。浮気されてしまうほど魅力がないのも自分。浮気されてしまうほど相手に満足感を与えてあげられないのも自分。自分のせいにすることは非常に難しいことですが、だからといって自分の非を棚に上げて相手ばかりを責めるのはどうなのでしょうか。それこそが罪深いことだと思います。

こんな達観した人間になるのは難しいかもしれません。しかし今一度「不倫は罪?」ということの本当の意味、本当の疑問の答えをそれぞれの人が突き詰めるべきなのではないかと考えます。
タグ:恋愛 夫婦
posted by riko at 07:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする